「キャッチャーの練習法」の記事一覧(2 / 3ページ)

一塁線のバントは踏み出して送球

一塁線のバントは、送球がランナーと重なってしまいがちになり、 捕りづらく、また投げづらいのでミスにつながりやす・・・

捕ったら身体の前に集める

捕球後、身体の中心にボールを戻してから送球に移る練習です。 フォームが崩れず正確な送球ができるようになります。・・・

捕球は反対側の手でフタをする

利き手でフタをしてボールを押さえる動きは、捕球の基本練習です。 「守備は右手で決まる」と言われるほど利き手は大・・・

2人1組でバント処理練習

【キャッチボールの延長線上でバント処理練習】 捕球から送球まで、2人だけでできます。 野球の守備の基本でもある・・・

ヒモをくぐって捕る

【低い姿勢をキープしたままゴロを処理する練習】 完全に立ち上がるよりも、低い姿勢のまま動く方が早く処理できます・・・

捕手練習・しゃがんで上下左右の球を捕ろう

カカトを浮かせたしゃがんだ状態(つまさき立ち)で、 上下左右のボールを捕る練習をしてみましょう。  ・・・

捕手練習・スイングの恐怖を克服しよう

キャッチャーにとって、ボール以上に恐怖を感じるのは“バッターのスイング”です。 キャッチャーは目を開けて、恐怖・・・

キャッチャーフライを捕る練習

野球で一番難しいフライといわれる“キャッチャーフライ” なぜかというと、バットに当った際に、特殊な回転がかかっ・・・

グローブトスを覚えて、グローブトスでキャッチボールしよう

スクイズなどの時、利き手に持ち替えている時間はありません。 慌てずに送球できるように、有効なグローブトスを身に・・・

タオルを使ったシャドーピッチング法

シャドーピッチングには、いろんなバリエーションがありますが、 ここではタオルを使ったやり方を身につけましょう!・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ