「守備の練習法」の記事一覧(2 / 2ページ)

膝立ちのキャッチボール

両膝を地面についた体勢でキャッチボールしてみましょう。 膝パットや、膝サポーターを付けるとやりやすいでしょう。・・・

歩きながら2人1組でキャッチボールする練習

「ステップ&スロー」を身につけましょう。大事なのは「リズム」です! 守備の基本動作「捕る、ボールを握りかえる、・・・

キャッチャーと投球練習をしましょう

野球においてバッテリー間の信頼関係は非常に重要です。 具体的なシチュエーションを想定した練習を意識しましょう。・・・

内野手の基本は一歩目のスタート。そのために内股を鍛えましょう。

内野手は鋭い打球が来るポジションです。そのためにすべての打球が自分のところにすごいスピードで飛んでくると思って・・・

“腰を低くが基本” 内野ゴロでミスをしないための練習方法

低学年の野球で一番多いのが内野ゴロです。外野フライと並んでこの内野ゴロを苦手とする子供が多いのも事実です。内野・・・

外野フライを上手に捕れるようになるための練習方法 ~バンザイを防ぐ~

外野手が後ろにボールをそらしてしまうと大量点に繋がりますのでフライは確実に取れないといけません。そのためにまず・・・

複数人でキャッチボールをする守備練習方法

キャッチボールは動きながらボールを捕球し投げることで非常に効果的な練習になります。通常の通り体が止まった状態で・・・

練習目的をもったキャッチボール

キャッチボールはもはや野球の代名詞といっても過言でないほど、野球経験者でなくとも誰もがやったことがあるものです・・・

少し離れたところからトスしてもらい、投げる練習

捕球後はどのような体勢でも必ず身体の中心に両手を持ってくることを徹底することを身体に覚えさせる練習です。 これ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ