少し離れたところからトスしてもらい、投げる練習

n1305333904

捕球後はどのような体勢でも必ず身体の中心に両手を持ってくることを徹底することを身体に覚えさせる練習です。

これにより、捕球して投げるという一連の動作を身体に覚えさせることが出来る基本練習となりますので、野球入門者にオススメです。

①2,3mはなれたところからトスしてもらう

②素手でボールを身体の中心でキャッチ

③ボールをしっかりと握る

③両手を大きく広げ、ボールを持つ手は後ろへ、逆手は前に、両手を大きく離してから投げる。

これを繰り返します。

ちなみに、正確な送球ができれいるかどうかはボールの回転を見ればわかります。ボールの半分に色をつけて、それがしっかりとまっすぐ回転していれば正しい回転をかけることができています。うまく回転がかからない場合は、指の縫い目へのかけかた、人差し指と中指の隙間などを調整してみましょう。

正確な送球をマスターするための練習球

 

2色のカラーでボールの回転が分かりやすい!
ボールの軌道のチェックに最適です。
●材質:ラバー
●カラー:ホワイト×ブルー
●7種類の変化球マスターガイド付!

PROMARK(プロマーク) ストレート回転チェックボール A号





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ