右方向へ打つ練習

右打ちの職人芸といえば、井端弘和選手が有名ですね。

外角の球に限らず内角の厳しいコースも腕をたたんで

右方向へ運ぶ技術を備え、高確率で右方向への確実にきめてくれるのが魅力です。

ここでは、身体が早く開かないように

外角気味の球をヘソの前で打ち、右方向に打つ練習をしましょう。

 

①外角球を狙います。

②ステップは3塁方向に踏み出しません。(ボールに届かないことがある)

③ボールをひきつけて打ちます。03sports_029

④バットのヘッドを遅れ気味にします。

⑤ミートの瞬間まで腰を回しません。

⑥ボールの内側を打ちましょう。

 

右方向へ打つために、いいタイミングで打つ意識が強すぎると

「待つ」ことができません。少し遅れ気味にぶつける意識を持ちましょう。

「素直にゆっくり」がポイントです。無理に引っ張らないようにしましょう。

 





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ