ゴロを両手で捕る練習(捕手編)

ゴロの処理は簡単なようですが、きちんと基礎練習をしていないと、

実戦で大きな差が出てしまいます。

ここではキャッチャーのゴロの処理を学びます。

※内野手とはゴロの捕球方法も違うのでご注意ください。

①ボールをキャッチャーの前方に転がす

②ダッシュしてボールに追いつき腰を落とす

③ミットをボールの進行方向に出し、両手で挟んで捕球

④これを繰り返す

 

フットワークを使ってボールに追いついたら、腰を落としてボールの進行方向に壁を作るイメージでミットを出します。

そのまま両手で挟むようにして捕球をします。

キャッチャーが処理するゴロは、不規則な回転がかかっていることもあります。

止って見えても回転している場合があります。

必ず素手ではなく、ミットで挟んで捕球しましょう。

 





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ