グローブトスを覚えて、グローブトスでキャッチボールしよう

スクイズなどの時、利き手に持ち替えている時間はありません。

慌てずに送球できるように、有効なグローブトスを身につけましょう。

ポイントは低く、速いボールを投げることです!

繰り返し練習してコツをマスターしましょう。

 

①まずグローブにボールを入れます。

②体の向きを変えないで、ひじを伸ばし、腕を後ろに大きく引きます。

③ひじを伸ばしたまま、肩を支点に腕を振ります。

④腕が真下に下りたあたりで、グローブを開きます。

⑤そのまま腕を振り、ボールを前方に飛ばしトスします。これを繰り返します。

 

グローブトスをマスターしたら、次はグローブトスでキャッチボールしてみましょう。

短い距離から挑戦して、徐々に距離を伸ばしていきます。

ひじと手首を使わずに、肩から腕を振るようにしましょう!

低く、速くがポイントです!時間をロスする山なりのボールにならないようにしましょう。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ