投球後に軸足で立ってみよう

【 投球後:投げ終わったら軸足で立つ練習 】

投球後もバランスを保つことで、すぐにフィールディングに移れる体制がとれます。

しっかりと重心を前足に移すための練習をしてみましょう。

 

①ボールを持ってかまえる。

②通常のフォームで(正しいフォームで体重移動しながら)投げる。

③バランスが崩れないよう、前足の親指のつけ根に力を集める。

④投球後はしばらく、前足一本で立つ。これを繰り返します。

 

投球後も前足で立てるようになれば、体のバランスが良い証拠で、

球威や制球にも良い影響がでます。

 

右投手の場合は、投球後にファースト側へ体が流れがちです。

すぐに守備に移るには、バランスがとれたピッチングフォームが重要です。

繰り返し練習し、投球後にすぐに守備体勢をとることを習慣化しましょう。

 

たとえ打球が捕れなくても、機敏に動けるので、痛烈な打球をかわすことができ

結果として自分の身を守ることもできます。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ