ヒモをくぐって捕る

【低い姿勢をキープしたままゴロを処理する練習】

完全に立ち上がるよりも、低い姿勢のまま動く方が早く処理できます。

捕手の姿勢はより低く!これを徹底することにより、ショートバウンドをブロックする

確率も上がります。

 

①キャッチャーの1メートルほど前にゴムひもを張る

②キャッチャーはかまえ、指導者は後ろに立つ

③指導者はボールを転がし、キャッチャーはゴムひもにひっからないようにボールに向かう

④捕球する

 

ゴムひもを張ることで、低い姿勢をキープして捕球することを強制できます。

立ち上がってボールを追い、再び腰を低くして捕球するよりも、

低いままの方が早く処理できます。

守備練習になるだけではなく、ボールを利用した下半身強化メニューにもなります。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ