素手、片手で捕り、そのまま返球

ゴロを捕る時の練習。

素手でゴロを捕球する練習は、練習の中でも基本的な練習になります。

ゴロが地面から手のひらを転がり上るような手の使い方が理想です。

素手でゴロを捕球することで、ゴロを捕球する際のグローブの置き方や出し方がわかるようになります。

①ゴロを投げる人とうける人が3mの感覚で立つ

②適度な強さのゴロを転がす

③その手で返球する

④正面、左側、右側に各10本転がしたら交代

 

ボールに対し正面に構え、手のひらを斜めにして構える

転がり上がる球を捕り、相手に投げる

 

手のひらがボールに対して正面を向き、地面に対して斜めになるように、

ヒザをしっかり曲げて構えます。

ボールの正面に構え、手を板のように平らにして斜めにすると、

ボールがその手を上がってきます。

手の角度が合わないとボールが上がってきません。

手が正面を向き、ボールが上る手の角度を感じる。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ