キャッチャーフライは本塁に背を向けて捕る

野球でもっとも難しいフライといわれるキャッチャーフライを捕るときの鉄則です。

打球の変化にも対応できる捕球姿勢を身につけます。

キャッチャーはバックスクリーンの方を向いていますが、他の野手はホームベースの方を

向いています。

キャッチャーと他の野手との大きな違いは、守備の向きです。

 

①キャッチャーはキャッチング姿勢をとる

②ノックでキャッチャーフライを上げる

③マスクを外しながら本塁を背にし、落下点に入る

④捕球する

⑤これを繰り返す

 

キャッチャーフライには強烈な回転がかかっているため、打球はイラストのような

軌道を描きます。対応するためには、本塁を背にして捕球するのが鉄則です。

マスクは、打球の方向を見定めてから、逆方向か遠くに飛ばします。

視線が上に向くので、マスクが足もとにあると踏んだりつまずいたりしてしまう

可能性があります。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ