ヒモを張り、腰を浮かせず左右のボールを捕る

低い姿勢をキープしてゴロを捕る練習です。

より早く動け、すぐに捕球の姿勢が作れます。

体の重心を低くして捕球するためには、捕球する前の構えが大切です。

捕球の際には、重心が高くならないように注意します。

①2人組みになります

②一方が腰を落として構える

③ヒモを守備の姿勢時の頭の高さを目安に張る

④もう一方が左右にゴロを投げる

⑤ヒモをくぐり捕球をする

⑥上記④~⑤を10回くらい繰り返す

 

立ち上がってしまうと機敏に動けなくなります。ヒモをくぐる練習をすれば低い姿勢が

意識できるようになります。ゴムヒモや選手の腕など高さを規制するとよいでしょう。

竹ぼうきや細いヒモなどを使うと首が顔に引っかかった場合危険ですので、ゴムヒモや

太いロープなどを使用すること。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ