ハンドリングを覚える

ノックでハンドリングの練習をしましょう。
ヒザをつきシングルハンドで広範囲の球を確実に捕る。グローブの出し方に注意です。

①バッターと15mくらい間隔をあけてヒザをついて構える
②強弱をつけたノックをする
③上下左右に来るボールに対して、グロープが正面を向くように手元を動かす
④ボールを捕って返球
⑤上記②~④を繰り返す

●15Mくらいの距離でノックをうける

●ボールを逸らさないようにグローブをボールの正面に出しボールをキャッチする。

左側のボールを捕るときは、外側にくる指先を正面に向け、右側では手首を内側に

絞リグロープを中心側に向けるなど、グローブの中の手の角度を意識させてください。

土の上ではイレギュラーが多くなるので、できるだけ芝生で練習してください。

両手で捕球するよりも、シンクル八ンドの方が圧倒的に捕球できる範囲が広がる。

それを理解させるためにも、正面から以外に左右に逸れる打球も混ぜて練習して

下さい。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ