内野ゴロ時の一塁へのバックアップ

ノックやケースバッティングで実際にバックアップする練習です。

打球が飛んだ方向によって、どこに走るべきかの判断力が身につきます。

捕手は広範囲のミスに対応できるようにファーストの真裏まで全力でバックアップに 向かいます。 このバックアップはランナーに余計な進塁を防ぐための大切な作業です。

プロでもしっかりとバックアップを行います。重い防具をつけて大変な作業ですが サボらずに走りましょう。

①状況を想定したノック、ケースバッティングなどで行う

②打球が飛んだらバックアップの必要があるかどうかを判断

③バックアップが必要ならば、素早く走る

④これを繰り返す

 

●内野からの送球のバックアップは一塁の後方ライトよりに走る

●ライトからの送球のバックアップは一塁の後方ホームよりに走る





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ