ブロックの練習方法

ここでは理想のブロックのやり方をお教えします。キャッチャーにとって大切なプレーの一つにホームベース周辺でのコンタクトプレーがあります。点にからむプレーですので、何度も練習しましょう。

 

 ブロックを覚える

1. ホームベースをあけた状態で補給

→進路を防ぐと反則になるので注意!

 

2. 補給の体勢に入ると同時に、後ろ足をブロック方向へ移動する

→前足をボール方向に向けると、体も同じ方向を向くので補給しやすい

 

3. 捕球後、素早くブロックしたい場所へ移動

→左足はすでに足のステップが終わっていると体重を移すだけで体の移動ができる

 

4. 右手をミットにそえながら、タッチの体勢に入る

→ミットに右手を添えていないと接触時に落球しやすいので注意

 

5. ヒザを折りながらベースをブロック

→左膝を折る意識があると素早くベースをブロックできる

 

6. 最後まで右手を添える

→ランナーへタッチする場合でもできるだけ右手を添えること





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ