3コースへ打ち分ける

ボールのコースによって打つ位置を変えます。最も打ちやすく素直に飛ぶ場所を覚える。
右バッターの場合、インコースなら三塁側、アウトコースなら一塁側、真ん中はセンターへ、ハーフバッティングで打ち分ける。

 

ポイントは、内角では手首を身体にひきつけること、外角では腰を先に回しすぎないことを意識する。
ミートポイントの確認にはハーフバッティングをオススメします。

 

 

腰の回転を利用した正しいスイングを身につける為に長い棒(1mくらい)を持って練習します。

その際、上半身と下半身のバランスに注意しましょう。
長い棒にあおられて上体のバランスが崩れないように、腰を中心とした回転を意識させる。

ワキがあくと、負担の大きい長い棒は振れません。ワキを締め棒が後ろの肩付近を通るスイングが大切です。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ