捕球&タッチの練習

捕球後ブロックをし、タッチをする為の練習方法です。ブロックの入門練習にピッタリです。

 
やり方
1. 円を描く

2. 装具をつけ円に片足を入れてかまえる

3. 指導者が投げたボールに合わせてできるだけ円から出ないように捕球

4. 捕球と同時に左ヒザの力を抜く

5. ボールをこぼさないように。両手でボールを持ちながらタッチする

6. 一定時間や距離を走る

 

送球が大きくそれた時は、捕球が最優先です。円から出ても仕方がないのでまずは捕球をする。
その後素早く円に戻りブロック&タッチをしましょう。

 

同時に何ヶ所でもできるので、内野手と一緒に練習してもよいでしょう。
内野手はタッチだけでよいのですが、キャッチャーの場合はブロックでも重要です。
指導者はその点を注意して見て下さい。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ