ティーバッティングの練習方法

打つ基本練習として、主に下半身強化をするためにはティーバッティングをすると良いでしょう。
上体の軸をまっすぐにするトレーニングにもなります。

 

1. スタンドティーを用意する

2. スタンドティーの前に立ちおもいきり足を開いて構える

3. 10回連続でスイングする

4. 少し休む

5. 上記2~4を繰り返す

極力足をめいっぱい広げます。足を楽に開いていては効果がありません。
また、上体が突っ込まないよう、腰から頭が一直線になるよう意識すること。

 

指導者は、どれだけ足を開いたか白線などで印をつけると、他の選手と比べることができ、練習にも活気が出るでしょう。
漠然と足を開くのではなく他の選手に負けないくらい開くなど、目標を作ると良いでしょう。

 

次に連続ティーバッティングの練習方法です。

ヘッドスピードをあげるための練習です。少しでもバットが速く振れるように意識しましょう。

1. 5回連続してバッティングする

2. 少し休む

3. 上記を繰り返す

 

速く振ろうとして手だけでスイングしないようにすること。
下半身を安定させて後ろのヒザ・腰・肩を回転させることが大切です。
スイング中にバットがあまり上下しないように真横から振りぬきましょう。

連続で振ると回数に気をとられ、バッティングに粗さがでます。正しいスイングを連続しなければ練習の意味がありません。
指導者や選手同士がチェックして下さい。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ