ドッジボールにタッチ

ホームベース上でブロックしながらタッチする練習方法です。

実際にランナーを置く前に入念な練習をしましょう。

 

 

練習方法

1. 装具をつけ、走者の進路をふさがないように立つ。進路を完全にふさぐと反則をとられるので注意。

 

2.指導者Aからのボールを捕球。左膝の力を抜く。

 

3.捕球後、両手でボールを握りベースをふさぐように両膝をつく。

 

4.ボールを両手で握ったまま、ミットの背で指導者Bが転がしたボールにタッチする。

 

 

ルール上、ホームベースをふさいではいけません。捕球前はランナーの進路を必ずあけ、
捕球後に素早くベース上に体を移します。

 

 

なお、片膝をたてると大怪我に繋がりかねないので、両膝は地面につけることを徹底し指導しましょう。

 

 

ポイントとしては、ランナーのスピードを再現するように勢いよくボールを転がします。ですが、あまりバウンドさせないようにして下さい。

 

これを何度も練習してから実際にランナーをおき、練習しましょう。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ