後ろからトスされたボールを打つ

バットがボールにミートするまで、しっかりとボールを見てバットを振ることがねらいです。

 

 

やり方

1. ネットの前に立つ

 

2. 後ろからボールをトスしてもらう

 

3. ボールをよく見て打つ

 

4. 上記2~3を数回繰り返したら、次の選手と交代する。

 

 

 

後ろからくるボールを打つことはゲーム中にはありえませんが、どのような状況でもボールをしっかり見て

バットを振ることでボールをうつことができます。

後ろからのボールを追いかけ身体が泳いでしまうと、ボールをしっかりと見ることができずに打つことができません。

頭を動かないように身体の軸を真っ直ぐにして、コンパクトなスイングを心がけて練習しましょう。

 

 

 

空振りしやすいフォーム

下記のことに気をつけて、インパクトまでボールをしっかりと見ましょう!

1. 身体が前に突っ込んでいる
⇒上体だけで打ちにいくとタイミングが狂ってしまう。ダウンスイングの意識が強いと突っ込みやすくなる。

 

2. 身体が後ろに反る
⇒インパクトの瞬間にアゴが上がります。もちろんボールをインパクトの瞬間まで見ることができません。

 

3. ステップで頭が上下にぶれる
⇒遠くへ飛ばそうと力むと、頭の位置が動いてしまいます。

 

4. バックスイングでバットが背中まで回る
⇒空振りの多くはヘッドアップが原因です。





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ