“腰を低くが基本” 内野ゴロでミスをしないための練習方法

低学年の野球で一番多いのが内野ゴロです。外野フライと並んでこの内野ゴロを苦手とする子供が多いのも事実です。内野ゴロを処理するうえであってはいけないものがトンネルです。

追いついているのに取れないわけですからこれは投手を中心にチームメイトやご自身も精神的ダメージも大きいですね。では、この内野ゴロでミスするにはどうすればいいのでしょうか。

内野ゴロといっても、ファースト、セカンド、サード、ショート、キャッチャーとポジションによって対応の仕方は異なります。ですが、基本はゴロを捕ってアウトにするという動作は同じです。

 

苦手な人はまずは、止まっているボールを捕りファーストに投げる練習を行います。これがまともに出来ない人は体重移動とステップができていないことになりますので、基本動作をじっくり確認しながら送球しましょう。

これが問題ない人は、次に簡単なゴロを出してもらいステップを意識しながらでボールを捕り、ファーストに投げる練習をします。このステップという動作ができていないことが内野ゴロに対応できない原因

 

ゴロは腰を落とすな、膝を落とせ!

まず、リラックスしておく事が一番大事です。低く腰を落として構えるのが基本で、腰が高いとトンネルの確立がグンとあがります。ですが、低い姿勢のまま移動できる人はいいですが、一旦上体が起きてしまう人は逆に体重移動が鈍くなる方もいます。

さらに低い構は長時間体も固まってしまうし、集中力も体力的にもスタミナが切れてしまいます。投球モーションに入ったらカカトを浮かして足先で細かくステップしたり、打つ瞬間だけ集中力を高めてつま先立ちで前傾するなどの工夫が大事です。

 

スリッパを使った内野ゴロの練習

グラブの代わりにスリッパを持ち、手などで簡単なゴロを投げ、それを捕る練習をします。正面のゴロで練習し、慣れたら多少左右に振ります。

打球の正面に入る、クラブの芯で捕る、両手を使うなどゴロを捕る基本が出来ていないと上手く取れません。そんなポイントをしっかりと身に付く練習方法です。効果は高いので是非取り組んでください。

守備練習グッズを使って練習する

キャッチボールやゴロの捕球で“捕ったら素早く投げる”の動作トレーニングに使用する、トレーニンググッズを使うのも良いでしょう。

野球の守備練習グッズ一覧(ヒゴスポーツ)





前田幸長の強豪チームの作り方

baseball-maedadvd1

2014年には3年連続となる全国大会出場を達成すると同時に、 各地の甲子園常連校・野球強豪校に進学する卒団生を20名以上輩出するなど、 名実ともに強豪チームの仲間入りを果たしました。 体格やセンスに頼らない野球脳構築法と、 効率的なチーム育成術は、ボーイズリーグのみならず各クラブチーム から高く評価されるなど、少年野球の指導者として、今最も注目を浴びるそのノウハウとは? →前田幸長の強豪チームの作り方



サブコンテンツ

このページの先頭へ